2009年5月8日 星期五

IZUMO3

Misty Rain 七月の雨
作詞 CANDY / 作曲 ぴょんも / 歌 CANDY

ある夏の夜のMisty Rain・・・

浮かれた町並にあるはずもない姿 探して彷徨い疲れ果てた夜
もう眠ってるかな 泣いたりしてないかな 降り出した雨にポツリため息つく
傘も差さずに 見上げた空 闇に光る星ひとつ

逢いたくて 逢えなくて 抱き寄せたくて
はやる心はいつだって 同じ道筋描いてるんだ
消えないで 消さないで 命の炎
しとしと静かに降りしきる 冷たい雨

日が落ちれば今日も明日へと近づく 無意味な時間も過ぎれば切ないね
君が力なくし翼をたたむのなら この僕が翼広げ迎えに行く
めぐりめぐって今夜もまた 昇る上弦の月

君だけに 君だけに 流れ着きたい
この命が尽きるまで 同じ道のり辿るんだ
何度でも 何度でも 生まれ変わって
水鏡を揺らした涙  悲しい雨

(keep) fallin’ fallin’ fallin’ Misty Rain 二人を包み隠して
別れに向かい出会うとしても ああ、もうかまわない・・・さあ、
カササギの羽を連ねた 架け橋を渡ろう

逢いたくて 逢えなくて 抱き寄せたくて
はやる心はいつだって 同じ道筋描いてるんだ
消えないで 消さないで 命の炎
しとしと静かに降りしきる Misty Rain

君だけに 君だけに ただ君のために
この命が尽きるまで 同じ道のり辿るんだ
何度でも 何度でも 生まれ変わって
いつの日か握りしめるその手を 離さない
永遠に
ずっと・・・

0 意見: